■DSC08020
素麺なんだけど。

■DSC08022
つけ汁は。

■DSC08019
これ。
水で溶いただけでござるよ。

梅干しつぶして入れたり わさびやラー油加えたり、
例えるなら明石焼きみたいな、出汁で食べる感じ。
これもおいしかった~。

冷たい麺のバリエーションなら、結構たくさん持ってるでよ~

C3EC882B-D9E8-48C1-8AB2-8754317318C0
コンビニやスーパーに売られているデザートを作っている工場の、
2等品を扱っているお店。

期限切迫品や形の悪い規格外のケーキやシュークリーム、
アイス、プリンなど、
その日によって置いてあるものが違うので、それも楽しみ。
市価よりもかなり安く買うことができます。

1,000円以上買うと、好きなアイスが1個もらえます。

この日買ってきたものの写真撮るの忘れちゃったけど、
モンテールのお菓子なので、モンブランとかどこが2等品なのかわからなく、
立派においしかったです。
他は冷凍しておきました。

224C85A9-619E-4A9D-930E-4BFC5BE747BA
帰り道の信号待ち。

店主らしき人が店先に立っています。

腕組みしてよしかかって、
お客さんを待っているのかもしれないけど、
お客さんを待つ態度ではないと不快に思いました。

こんな偉そうに威圧感与える態度で、私なら入りたくないな。

■DSC08014
田舎道走っていたら 農家直売のトマトが売られていて、
トマトには目がない私、
飛び込みました。

大きなトマトが5個で500円。

■DSC08015
店番のおばちゃんは全く商売っ気がなく、
「これ下さい」と盛り篭を差し出し、
「トマト大好きでいくらでも食べられるので楽しみ♬」と言ったら、
「えぇっ??」と怪訝な顔で私を見て(作ってるんちゃうん?笑)
後ろからでっかいトマト1個を持ってきて、
「ほんならこれ、傷あるけどおいしいからサービスね。
もっと赤くなってから食べてね。」とつけてくれました。(左上のやつ)

中まで真っ赤でおいしくて、
夫の目を気にしないでいいなら その場で一気に全部食べられる自信あるのに
かわいそうに、我慢した私

■DSC08016
どこのトマトが一番おいしいのか、
おすすめの産地や売られているところを知ってる方がいたら
ぜひとも教えていただきたいです。

■DSC08017
ドラッグストアで見つけたレトルトのオムライス。
面白そうなので買ってみた。
1個 198円。

■DSC08018
全く厚みがなく、ペラッペラ。

1 (1)
作り方読んだらなんだか小難しいんだけど、
やってみたら文章だけよりも簡単だった。

それより何より、これめっちゃおいしい

1 (3)
ご飯の入ったレトルト袋の中に卵を入れてチンして
お皿に放り出されたオムライスの姿(笑)

1 (2)
ところがこう見えて めちゃめちゃ美味しくて感動した!!
量も全然足りなさそうだったのが、
充分お腹いっぱい幸せいっぱい。

レトルトのわりに保存期間が短いので、
緊急用には適さないけど、
これはヒット商品だったので、また買っておこうと思います。

1 (4)
玉ねぎ丸ごとスープ。
ベーコンとにんにくは出汁替わり程度に。
玉ねぎは丸ごと食べるのが一番おいしいと思うレシピ。

1 (5)
トマトが止まらない(笑)



最近、この年になってなんでこんなに親を嫌いになったんだろうとか考えるんだけど。

小さい時から都合よく大事にはされた。
欲しいものも要らないものも買い与えられた。
お金と物を与えることが愛情と思っている親と、
それよりも学校から帰ってきたら家に居て 話を聞いてほしかった私。

週末は徹夜麻雀をするのが唯一の楽しみだった父は、
私が物心ついた頃から大人になるまでずっと、
私にとっては知らない人を家に招いて 朝まで麻雀三昧。

私の部屋はリビングの奥にあったため、
リビングを通らなければトイレにもお風呂にも玄関にも行けない。
ドア1枚隔てて朝まで大騒ぎで居場所がなかった。

幼稚園ごろからそれが嫌だと親に言うと、
じゃあよその家でするから一緒に行こうと。

知らない家に連れていかれても居場所もなく、
それだったら一人で家に居る方がよっぽどいいと言うと、
両親は揃って朝まで出かけたまま。

一人っ子の私は 子供の頃は人と関わるのが苦手で、
1人でお人形さんごっこをしていれば満足な子で、
外遊びも嫌いだったので、1人でいる方が楽しかったので
家でされるよりも1人の方がずっとよかった。

ただ、今ならネグレクトになるんじゃない?と思う。
小さい子を家に置いて パチンコ行ってる親と一緒やんね。

中学生ぐらいになっても やっぱり時々うちで麻雀をやることがあり、
当時の家は、脱衣場を挟んで左がお風呂、右がトイレという間取り。
しかも お風呂の扉はすりガラス。

思春期の女の子がお風呂に入っている時に、
知らないおじさんがトイレに出入りするのが嫌だと訴えても、
お父さんの楽しみを奪わないでくれと父に言われた。

父は 私が成人式を迎える少し前に腎不全で人工透析を始めるようになり、
私の結婚直後に胃がんが発覚。

長男が4ヵ月の時に亡くなりました。

今でも父との会話で一番鮮明に覚えているのは、
どんどん体調を崩していった父が 長男を生んで間もない私に
「とも(私の名前)、頼む。
俺に ともの腎臓くれないか」と切実に頼んできたこと。

その時も驚いたけど、それから30年以上経ち、
父が亡くなった年齢(55歳)を超えた今、
それでもやっぱり私には理解ができません。

腎不全が、透析が、どんなに辛いものか、
あの時の具合がどれほど辛かったのか、
それは私にはわからない。

私にも子供が2人いるけれど、
何かの病気になった時に、
我が子をドナーにして移植してほしいなんて考えられない。

子供のために自分がドナーになるならわかるけど、
これから家族を抱えて生きていく若い我が子に
「お前の腎臓をくれ」と懇願した父。

あまりに辛いと
子供にそんなことを言うのだろうかと今でも父を理解できない。

もし私が病気になって病状が悪化し、
仮に息子がドナーを申し出ても絶対に許さない。

可愛がってもくれたけれど、父が残した思い出は
私の中には嫌なものばかり。

母に対する嫌悪は以前のブログにも時折書いてありますが。

父のこの話は 今まで誰にも、母にも友達にも自分の家族にもしたことがない。

心に浮かんでしんどいことは ここで話そうと思って書きました。

最後まで読んでくれた方がいたら、重い話でごめんね。
吐き出しておしまいなので、そうなんだ~と読み流してね。
重く受け止めないでねw


近所でも悪評高く、私も大嫌いだった隣のおっさんが先週亡くなったこともあって
再び父のことを思い出したもので。


私は自分に何かあっても延命はしてくれるな。
今コロナにかかっても 助からなくていい。
ただ、痛い、苦しいはいやだ。
それだけは緩和してほしい。

ただ、いつ、どんな状態になっても救命はしてくれるなと、
常日頃から夫にしつこく話してあります。
エンディングノートにも書いてあります。

82歳になる実家の母は、何が何でも生きていたいと今も言います。

ここにも理解できない母の発言
              ↓
「自殺する人の気が知れない。
私なら、人を蹴落としても生き残りたい。
自分が生き残るためなら、人を殺しても生き残りたい」

たとえば遭難して何人か残って、食料がもうわずかしかないという時に、
人に譲るという気持ちは私にはないと言い切った。

私が両親を嫌いで、嫌悪と憎悪を抱いているのはそういうところです。






にほんブログ村 にほんブログ村へ







web拍手 by FC2